パーキンソン病の方へ

訪問マッサージ・鍼灸 ・機能訓練   厚生労働省認可・医療保険適用

きし鍼灸マッサージ院
三田市・(神戸市北区・宝塚)周辺対応(他地域ご相談ください)
  お問い合わせ・ご相談  079-563-3592


              9:00~18:00(月~土)

パーキンソン氏病の方へ

 パーキンソン病を発症すると4つの大きな症状が兆候として表れます。

 ○固縮(筋肉が固くなる)

  筋肉が委縮し(こわばる)身体全体の動きがぎこちなくなります。

 ○振戦(手足が震える)

  突然手足に震えを感じる…パーキンソン病の大きな特徴の1つといえます。また振戦の特徴として、片方の手足の 震えがもう一方の手足に広がります。しかし初期症状であれば、震えを止めようと意識することで止めることができます。

 ○無動(動作自体が鈍くなる)

  動き出しが鈍くなり、すべての動作が完結するまでかなりの時間を要するようになります。そして無理してでも動こうとすれば、転んでしまう場合もあります。また無動の特徴の1つに、顔の表情が乏しくなる傾向になります。(※さらに瞬きも少なくなり…声も小さく出にくくなります。字も小さくなります。)

 ○姿勢保持障害(姿勢反射障害)

  身体を真っ直ぐ保とうとすると、後ろ側へ倒れそうになります。また歩行速度が速くなり、自分の意志に反して止まらなくなることもあります。しかしその逆で、急に立ち止まり倒れてしまうこともあります。

訪問マッサージでは次のようなアプローチをします。

    関節拘縮、拘縮の予防、改善が期待できます。

    運動不足から起こる筋肉の衰えを予防します。

    心肺機能の循環をよくします。

    消化吸収をよくします。

    精神的ストレスにうまく対処し、病気をコントロールする気力を養うことができます。

    マッサージとお薬を併用することによりと併用する事によりADL(日常生活動作)の向上が期待でき   ます。

 筋肉は使わなければ萎縮してしまいます。普段から出来る範囲でのリハビリも行うことが重要です。

 無理のない範囲で運動をおこなっていきます。