変形性膝関節症でお困りの方へ

訪問マッサージ・鍼灸 ・機能訓練   厚生労働省認可・医療保険適用

きし鍼灸マッサージ院
三田市・(神戸市北区・宝塚)周辺対応(他地域ご相談ください)
  お問い合わせ・ご相談  079-563-3592


              9:00~18:00(月~土)

変形性膝関節症でお困りの方へ

 変形性膝関節症を発症した場合、次のような症状が出てきます。

 ○立ち上がる瞬間/歩き始める瞬間、膝に体重が掛かることによって痛みを感じます。

  悪化すると、階段の昇降や正座をする度に痛みを伴うようになります。

 (※初期症状→膝に負担を掛けなければ、痛みは治まる。中~後期症状→ジッとしていても痛みを伴う。)

 ○膝関節が炎症を発症し、膝が腫れお皿に水が溜まります。

  この状態になると痛みだけでなく、膝を動かすことが困難になってきます。変形性膝関節症は早期治療さえすれば、痛みをコントロールしながら治癒することができます。 しかし「これくらいの痛みなら、すぐ治るだろう。」といった考えでいると、膝に水が溜まり、膝本来の役割(膝の屈伸)ができなくなる状態に陥ってしまうのです。

 変形性膝関節症で、通院することが困難な方へご自宅、施設での訪問マッサージを行っています。

 健康保険が適用になりますので是非ご相談ください。

 症状により鍼灸治療での対応も行っています。鍼灸治療も健康保険が適応になります。

変形性膝関節症の方への施術の一例

 両変形性膝関節症で、膝の疼痛、関節の拘縮があり車椅子・ベッド上の行き来がほとんどで生活されているご利用者様です。

 両足・両膝のマッサージと関節を痛みのない範囲から動かしていき、立位訓練を行っています。

 膝の痛みを軽減し、また動きに伴う痛みが少なくなるほど運動へのやる気も増えてきました。

 少しずつADLの改善が見られており、今後は車椅子への移乗ができるよう目標をたてアプローチしていきます。